くふう。

清水公園、小さい子連れでバンガロー。バンガローを快適に! テラスも裸足でまるごとステキ空間!!

清水公園バンガロー

こんにちはこんばんはスタです。

スタ
スタ
2018年夏は気象庁が「一つの災害と認識」と発表するほどの猛暑でした。そんな猛暑まっさかりの8月の清水公園。

清水公園、小さい子連れでバンガロー。バンガローを快適に! テラスも裸足でまるごとステキ空間!!

清水公園バンガロー

清水公園のバンガローはネットで予約できます。土曜の予約は人気で、23ヶ月先まで埋まってることが多いので早めに予約するといいですね。大人3人、子供4人でバンガロー1棟を予約しました(定員は6名ですが、3才以下がいたのでセーフ)

ホームページの写真を見た感想は、綺麗で広そう!
楽しみです。

当日、車で都内を出発し、あっという間に清水公園到着!

 

清水公園アクアベンチャー
清水公園、小さい子連れでバンガロー。小さい子向け、ポニー牧場とアクアベンチャーと巨大迷路!初日は「小さい子優先ルート」ということで、アスレチックではなくポニー牧場へ。ポニー牧場の中はポニー乗り場、動物たちとのふれあい広場、遊具があり、小さい子たちが遊ぶのに十分です。小さい子(幼児)向けとはいえ、1年生と2年生も楽しめました。暑い8月。アクアベンチャーは濡れてもいい格好で臨みます。(親も)ゴーグルもつけて準備バッチリ。 「たくさんの噴水が行く手をはばむ世界初の噴水迷路」 とのことですが、予想通り、行く手をはばむはずの噴水めがけて突入!...

 

ポニー牧場とアクアベンチャーを楽しみ、

 

清水公園ラーメン成久
清水公園、小さい子連れでバンガロー。ランチは、ラーメン屋「成久(なりきゅう)」がおススメ。清水公園に間もなく到着する!というときに発見した、ラーメン屋「成久(なりきゅう)」。座席は100席ほど。座敷もあるので、ファミリーにはとても良し。味もよく、ボリューム満点!値段もリーズナブルです。メニューはこんな感じ。ラーメン520円!! しかも麺類は麺多めです^^。...

 

お昼は座敷でゆったりラーメンを食べました。

ラーメンで涼んだら笑、バンガローに移動!

 

清水公園バンガロー
清水公園、小さい子連れでバンガロー。キャンプ・バーベキューエリアの写真をご紹介。まず、キャンプ・バーベキューエリアを利用する方向けの写真をご紹介。1、第3駐車場(1日1,000円) 2、受付(バーベキュー・デイキャンプ・宿泊) 3、レンタル品返却口 4、布団貸し出し・返却口・授乳室 5、コインロッカー 6、自動販売機(受付横) 7、自動販売機(シャワーハウス横) 8、トイレ(受付、マス釣りエリア近く) 9、トイレ(バンガローエリア、シャワーハウスと併設) 10、シャワーハウス 11、マス釣り 12、バーベキュースペース 13、バーベキュースペース、炊事場 14、キャンプ・バーベキューエリア内、ゴミ箱 15、キャンプ・バーベキューエリア内、売店 16、キャンプ・バーベキューエリア、バンガローへの小道...

 

最寄りの第3駐車場からバンガローまでの写真はこちらをご覧ください。

 

受付でチェックインを済ませ、いよいよバンガローに到着です。
Sakura-g のバンガローです。

清水公園バンガロー

スタ
スタ
ん?
靴はどこで脱ぐんだ?

 

バンガローは部屋部分が8畳ほど、テラス部分が4畳半ほどの広さです。
階段を上ったところにテラスがあり、ドアがあって室内部分です。

室内にはエアコンがついています。
電源は室内1コ、テラスに1コです。

スタ
スタ
延長ケーブルがあると、便利!!

 

とりあえず、階段を上りドアの前で靴を脱いで室内へ。

ハイ
ハイ
あれ?
想像してたよりせまい!!

どうやら、写真にすっかり騙されたようです。
私たちはプロのデザイナー。
パンフレットやチラシなどを作るときは、とにかく写真をキレイに見せます。
フードだったらシズル感を大事に美味しそうに。
部屋だったら、なるべく広くて素敵に!!

スタ
スタ
ということでホームページのデザイナーの勝利です

 

さて、荷物を運び入れてまず最初にしたこと。。

室内に唯一設置されているのが靴箱。
それをテラスへ出しました!

目的は部屋を広く使うため。
結構重かったですが。。

 

こんな時ハイさんとスタは快適な空間作りに燃えます。

わたしたちはグラフィックデザイナー。
仕事の内容としては、写真とテキストをレイアウトして紙面をデザインすること。

以前は同じ制作会社にいて、デザインだけではなく打ち合わせ・撮影・色校正まで、多様な仕事をこなしていました。撮影中に必要なのが、快適な撮影スペースを作ること。

1冊のカタログを作るには、大きなスタジオをかりて、何日もかけて、多くのスタッフが入って撮影をします。
その現場をしきるのが制作会社のわたしたちの仕事でした。

興味がありましたら、こちらの記事をどうぞ。
紙系制作会社のデザイナーの話し
守備範囲の広いマルチなデザイナーと根っからデザイナー

なので、動線を確保して、必要なものを揃えて、快適に撮影期間を過ごす!
ことを大事にしてきたのです。

プチ社員旅行の小さなバンガローであろうと、快適空間にしなければ!

ということで、室内をまず広くしました。

そして、ハイさんがおもむろに持ってきたレジャーシートを広げました。

なるほど。

すぐに手伝うスタ。

ここは裸足で動き回りたいね。
子どもたちも、出たり入ったりするときにいちいち靴を脱ぎ履き、面倒だしね。

ということで、テラススペースにレジャーシートを敷きました。

持ってきた小さいシートを継ぎ接ぎでしいたのですが、その時、イイものを発見!

バンガローについているシーツです。

清水公園、バンガローを快適に!

バンガローのマットレスは幅60cm程の細いタイプですが、シーツは通常のシングルのフラットシーツくらいの大きさです。しかも「不織布」。

おそらく使い捨てできるためでしょう。1枚のシーツでマットレス2個分をくるむことが可能なので、不織布のシーツがあまります。

こんな感じで持って行ったレジャーシート(オシャレな)と不織布シーツを敷きました。

清水公園バンガロー

何箇所かテープで止めると安心です。(こういう時はいつもスコッチの透明テープを持ってきています。パーティーからキャンプまで必需品。)

清水公園バンガロー

室内とテラスが自由に行き来できることでバンガローが広く感じるようになりました。

靴は階段で脱ぎます。(雨が降ったら、玄関スペースをつくるといいですね)

スタ
スタ
とても快適♪

さて、次はテラスに出した靴箱を棚として利用。(防犯の面はおいといて^^)
(本来は靴箱なので、拭いたり紙を敷いたりして綺麗にしました。)

朝ごはん用に持ってきたホットプレートや、ヤカンなどのキャンプグッズを使いやすく配置します。
ちょうど、電源が棚の横にあります。

清水公園バンガロー 清水公園バンガロー 清水公園バンガロー

 

さらにキャンプグッズとしてあると素敵に過ごせるのが、テーブルクロスとフラッグ(ガーランド)です。スコッチの透明テープでペタリ。

清水公園バンガロー

フラッグは好きな柄のハギレで簡単に作ることもできますし、百均やイケア、フラタイなど、色々なところで安く買えるので持っていると良いですね。

テーブルクロスも好きなものを用意しておくとテンションあがります。

どちらのアイテムも誕生日から、パーティ、キャンプまで空間を楽しくステキにできます。

インスタ映えもしますね^^

(インスタやってないけど)

部屋とテラスを出たり入ったり、子どもたちは自由に元気いっぱい。

清水公園バンガロー

さて、フラッグとシートのおかげで、Sakura-g のバンガローはおしゃれになりました。
たくさんあるバンガローの中でも目印になります。

清水公園バンガロー 清水公園バンガロー 清水公園バンガロー

キャンプグッズであると気分があがるのが、カセットコンロで有名な「イワタニ」の
岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
とてもコンパクトなのに、あるとキャンプ感がアップします。

created by Rinker
Iwatani(イワタニ)
¥3,340
(2019/11/15 02:30:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

かわいいコンパクトホットプレートはこちら。

created by Rinker
BRUNO
¥9,504
(2019/11/15 02:30:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

このシリーズはかわいいです。プレート各種がセットになったものはこちら

BRUNO コンパクトホットプレート + セラミックコート鍋 + グリルプレート 3点セット (ホワイト)
BRUNO

 

実用的なグランデサイズも魅力的です。

created by Rinker
(ブルーノ)BRUNO
¥17,280
(2019/11/15 02:30:47時点 Amazon調べ-詳細)

BRUNO ホットプレート グランデサイズ + グランデ用セラミックコート仕切り鍋 2点セット (ホワイト)
BRUNO

 

ステキにセッティングして、バンガローで落ち着いたので、

 

おやつがてらマス釣りに出かけました。
子どもたちにとっては初めての釣り。子どもにも初心者にもやさしい釣り堀です。

 

清水公園マス釣り
清水公園、小さい子連れでバンガロー。マス釣りに大興奮! ニジマスの美味しさに大満足!!!ここで釣れる魚はニジマスです。 ニジマスは冷たい水を好むため、猛暑の8月、ニジマスはちょっと元気がないということでした。 しかし、清水公園では十分な数のニジマスが放流されていて、小さい子どもでも釣りを楽しめるように、しっかり管理されています^^...

 

マス釣りの後は、バーベキュー

 

清水公園バーベキュー
清水公園、小さい子連れでバーベキューのススメ。簡単な炭の起こし方!いよいよ、キャンプの醍醐味、バーベキューです! とはいえ、子どもたちが小さいので、体験的に手ぶらでバーベキューにしました。清水公園、バーベキューのススメ。炭の簡単な起こし方!...

そして風呂!

 

温泉マーク
清水公園、小さい子連れでバンガロー。夜はやっぱり疲れを癒す七光台温泉(ななこうだいおんせん)がおススメ。清水公園キャンプ場のシャワーハウスはキレイだけれども子どもたちを全員入れるには負担が大きい・・・脱衣所は暑いし・・・とくに楽しくもないし・・・リラックスしたい!一日の疲れをいやしたい!ということで行ってきました。ビール好きのスタがバーベキューでビールを我慢してでも行きたかった温泉^^七光台(ななこうだい)温泉。...

 

子どもたちを寝かせた後は、まったりバンガローナイト。
チャットの元ドラマー高橋久美子さんの「いっぴき」を楽しみながら。
実際はジンワリ暑かったので、とりあえず一杯飲んで、明日の打ち合わせ後寝ました。
消灯の見回りもアリ。
おとなしく寝て、体力を回復。

created by Rinker
¥814
(2019/11/15 02:30:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

このようにマットレスは配置しました。(左側の壁は15cmほど、手前側は50cmほど余裕あり。実際は右の奥側をあけることにしましたが。)

清水公園バンガロー

マットレスは定員分の6枚です。

室内の様子はこんな感じです。

清水公園バンガロー 清水公園バンガロー

 

さて、朝です。

昔からキャンプ慣れしているスタ。
朝はバーベキューの炊事場で顔を洗って、歯も磨くとスッキリです。
「キャンプだなー」って感じです^^

清水公園の炊事場は鏡のようになっているので、ちょっとしたメイクもできます。

電源はないのでドライヤーは使えません^^

さっぱりした後は散歩がてらキャンプ場を探検しつつ写真を撮りました!!

 

清水公園バンガロー
清水公園、小さい子連れでバンガロー。キャンプ・バーベキューエリアの写真をご紹介。まず、キャンプ・バーベキューエリアを利用する方向けの写真をご紹介。1、第3駐車場(1日1,000円) 2、受付(バーベキュー・デイキャンプ・宿泊) 3、レンタル品返却口 4、布団貸し出し・返却口・授乳室 5、コインロッカー 6、自動販売機(受付横) 7、自動販売機(シャワーハウス横) 8、トイレ(受付、マス釣りエリア近く) 9、トイレ(バンガローエリア、シャワーハウスと併設) 10、シャワーハウス 11、マス釣り 12、バーベキュースペース 13、バーベキュースペース、炊事場 14、キャンプ・バーベキューエリア内、ゴミ箱 15、キャンプ・バーベキューエリア内、売店 16、キャンプ・バーベキューエリア、バンガローへの小道...

 

朝の散歩中に他のバンガローを覗きました。
わたしたちのように素敵にテラスを利用してる人はいない様子。
でもキャンプグッズを使用して楽しんでいる上級者たちはいました。

清水公園バンガロー

さらに楽しむ方法を教えたいなーと思いながら散歩♪

 

清水公園バンガロー
清水公園、小さい子連れでバンガロー。バンガローを快適に! テラスも裸足でまるごとステキ空間!!清水公園のバンガローはネットで予約できます。土曜の予約は人気で、2~3ヶ月先まで埋まってることが多いので早めに予約するといいですね。大人3人、子供4人でバンガロー1棟を予約しました(定員は6名ですが、3才以下がいたのでセーフ)...

 

これはぜひ広めたい!
みんなにもやってほしいなぁ~~

 

散歩中、こんな情報もゲットしました。

野田・清水公園とキッコーマン
この公園は、株式会社千秋社が所有し、管理運営しています。千秋社とゆかりの深いキッコーマン株式会社は、大正六年の創業以来、千秋社とともに、自然環境の保護、設備の充実に力を注いできました。

清水公園バンガロー

 

雨が降ってアスレチックができないときはキッコーマンの工場見学という選択肢もあります。
団体旅行ではこういうルートを確保することが多いそうです。

しょうゆのすべてがわかるミュージアム

 

http://www.kikkoman.co.jp/enjoys/factory/noda/index.html

 

電話で予約。所要時間は60分。入館無料。
工場見学終了後、来館記念のしょうゆプレゼントがあるようです。
カフェや売店もあるので、一案としてはイイかも。

 

清水公園で過ごした各記事はこちらからどうぞ。