つくる。

デザイナーのカフェ作業の実際 データの管理とクライアント情報の守秘義務

デザイナーの守秘義務

家でも
デザイン作業したい
そして
カフェでも作業したい

モバイルWi-Fiは必要?

リモートワークやワーケーションなど、
出社しなくても、パソコンさえあれば
さまざまな場所で仕事ができる昨今。

わたしのようなグラフィックデザイナーも
息抜きに「カフェで作業」なんてことを
一応できます。

デザイナーはカフェで作業する時、
データをどうしてるの?
というお話です。

こんにちはこんばんはスタです。
フリーのグラフィックデザイナーです。

フリーランス歴15年、その前の
製版会社デザイン部には
10年いました。

子育て中の現在は、古巣の会社から
デザインのみを請け負っている
在宅デザイナーです。

デザイナーはパソコン一つで
仕事ができる職業。

「どこでも仕事ができていいなぁ」
と思われることも多いです。

息抜きにカフェで作業したり、
ワーケーションをする場合に、
モバイルWi-Fiがあると便利ですが、、、

実際、そうでもないです。

デザイナーは
モバイルWi-Fiいる?

場合にもよりますが、
デザイナーがカフェ作業をするとき、
Wi-Fiにつながってなくても
わりと大丈夫です。

なぜなら、
ある程度材料が揃ってから
レイアウトしたり、
作り込んだりしていくため、
オンラインである必要がないからです。

ちなみに、デザイナーにとって
自宅や作業をする場所には
光回線やホームルーターなどの
安定したWi-Fi環境が必須。

デザイナーに必要な
自宅のWi-Fi環境については
こちらの記事で紹介しています。

デザイナー自宅Wi-Fi
デザイナーおすすめの自宅Wi-FiとモバイルWi-Fi わかりにくい光回線一覧と選び方ガイド 家でもデザイン作業したいそしてカフェでも作業したい 自宅にWi-Fiいりますか? スタ Wi-Fiの契約・・・何が...

たとえば、わたしの場合、
ドロップボックスという
クラウドストレージを使用しています。

ドロップボックスは
Wi-Fi下でクラウドとローカルのデータを
同期しています。

進行中の案件は、「フォルダ」を
オンラインだけでなく
ローカル(使ってるパソコン本体)に設定。

Wi-Fiにつながってなくても、
ローカルで作業することができます。

あとで、Wi-Fiにつながったときに、
クラウドと自動同期がはじまります。

過去のデータはオンラインのみの設定にし、
パソコンの容量を圧迫しないように
することができます。

また外付けのHDDやSSDを使用している
デザイナーも多いですね。

パソコン本体のストレージは
512GBくらいにして、
外付けの1TBくらいのSSDに
仕事のデータをおいたり、
バックアップを取ったり、
という使い方です。

デザイナーが使っているパソコンについては
こちらの記事をご参考にどうぞ。

デザイナー パソコン
グラフィックデザイナーが使っているパソコンは何? スペックは? フリーランス・デザイン会社の実際 ハイ Mac大好き スタ デザイン業界はやっぱりいまだにMacです ハイ MacBook嫌い スタ 画面が小さ...

主に使用するアドビのソフトも
常にオンラインで認証している
わけではありません。
(オフライン状態が7日以上経つと
認証するようアラートがでます。)

なので、外出先で作業する場合、
材料を揃えておけばできるので、
Wi-Fiがなくてもできてしまいます。

ちょっとネットで調べたい
程度のことだと、スマホのテザリングや、
フリーWi-Fiでこと足りてしまいます。

カフェ作業は
守秘義務が心配

デザイナーのみなさんなら
普段から気を付けている話ですが、、、

デザイナーとクライアントは、
情報を外部に開示せずに保持するという、
秘密保持契約で信頼関係を築いています。

ぶっちゃけてしまうと、
案件のほとんどは、発表前の状態なので、
企業秘密のものです。

人目に触れるところで作業ができません。

カフェなどでは、
他の人のパソコンを覗いてしまっても、
多くの場合は、その人が何をしてるか
わからないことが多いです。

しかし、デザイナーが作っているものは
ビュジュアルでバレやすいです。

例えば、
ファッション系のカタログを
作っている場合、有名モデルの画像を
扱っていたりします。

もちろん着用している商品が
発表前の新作。

とてもお見せできません。。。

落ち着いた環境で作業したいと思う
デザイナーが多いのではないでしょうか。

外で作業する場合、
のぞき込まれないように壁を背にして、
隣の人とも距離を確保して、
という警戒態勢でのぞみます。

おすすめクラウドストレージ

ちなみに、
ドロップボックスのフリープランは
5GBまで。
仕事用にドロップボックスを使用するなら、
2TBの有料プラン以上が必須です。

わたしの場合、
外付けのHDDやSSDより、
クラウド(ドロップボックス、
ワンドライブ、AdobeCCストレージなど)
のほうが、個人的には便利なので、
ドロップボックスPlusを使用中です。

また、
古いMacを実家に置いてあるので、
帰省しても問題なく
作業することができます。

クラウドストレージは
月々1,300円前後のところが
多いですね。
年間で13,000〜14,500円くらい。

そんななか、
一番、値段的にお得なのは、
ソースネクストという正規販売店の
ドロップボックス3年版。

公式サイトの月額払い3年分だと、
47,520円かかるところ、
29,800円で契約できてしまいます。

17,000円以上お得!

●パソコンが壊れたりしても安心
●パソコンを買い替えても同じ環境にできる
●パソコンからもスマホからも見れる
●複数のぱそこんからアクセスできる

などなど、かなり便利なので、
さっそくチェックしてみてください。

ソースネクストのDropbox Plus 3年版

デザイナーが使ってるパソコンや
データ管理に必要なストレージについては
こちらの記事をご参考にどうぞ。

デザイナー パソコン
グラフィックデザイナーが使っているパソコンは何? スペックは? フリーランス・デザイン会社の実際 ハイ Mac大好き スタ デザイン業界はやっぱりいまだにMacです ハイ MacBook嫌い スタ 画面が小さ...

外付けストレージは
はこんなに小さいものがあるので、
持ち運びに便利です!

外付けのストレージの場合、
パソコンを使用中は差しっぱなしにし、
移動する時はマウントを解除する必要が
あるのでちょっと不便です。

動画クリエイターの場合

動画を作成し続ける動画クリエイター
の場合は、扱うデータ量が
さらに大きくなりますね。

クラウドより、
転送速度が早く安定した接続ができる
外付けのSSDなどを
どんどん増やしていって管理する方が
よさそうです。

いずれにせよ、クリエイティブな仕事は
「データの保存と管理」は超重要です。

パソコン本体に保存していくと、
ゆくゆくは管理が難しくなります。

パソコンの買い替えにも、
データ破損などのトラブルにも強いのは
クラウドストレージです。

おすすめは
ソースネクストのDropbox Plus 3年版

パソコン本体にデータを保存している方は
クラウドか外付けストレージにして
管理をラクに安全にしましょう〜