つくる。

【現役デザイナーが解説】 絵が下手でもグラフィックデザイナーになれる!

グラフィックデザイナー絵が下手
スタ

ハイさんのラフ
すごいねぇ

ハイ

すごいって何よ

ハイ

ボスもリーダーも
別にいいって言ってたわよ

スタ

(いいとは言ってなかったけど)
何の問題もなしです!

こんにちはこんばんはスタです。
フリーのグラフィックデザイナーです。
フリーランス歴15年、その前の
製版会社デザイン部には
10年いました。

わたしとハイさんは、
コンビでデザインをしています。

「描く絵がすごい」ハイさん、
バリバリのデザイナーですが
絵はタイトル画像の通りです。

この記事は
絵が下手、イラストが描けない
と思っている人でも、
グラフィックデザイナーになれる
というお話です。

わたしも、イラストのレベルは
ハイさんとかわりません。

わたしたちは、絵が下手でも
問題なくデザイナーとして
やっています。

グラフィックデザイナーとは?

グラフィックデザイナーは、
チラシ、ポスター、カタログなどの
制作をします。

クライアントの要望に応えるために、
背景、画像、テキストという
要素を組み合わせて
デザインを行います。

大事なのは
商品の魅力を理解し、
ターゲットに伝わるよう
技術を駆使しして、
デザインを作り上げることです。

グラフィックデザイナーは
絵を描かないの?

グラフィックデザイナーが
絵を描くのはこんな時です。
●自分の頭を整理する
●制作者サイドで方向性の共有をする

グラフィックデザイナー絵が下手

●自分の頭を整理する
このように、ラフを作って
「どこにどの要素が入るか」
ということがわかるように、
簡単に描きます。

●制作者サイドで方向性の共有をする
作業者同士で手順を相談したり、
方向性の確認をするために
叩き台として、絵で描いたりします。

クライアントに
絵を見せるの?

グラフィックデザイナーが
絵を描いたとしても、
それをクライアントに見せたり、
納品する制作物に入れたりすること
は基本ありません。

グラフィックデザイナーは、
描いた絵をもとに、
デザインを作りこみ、
仕上がりに近いものを用意して、
クライアントに提出します。

参考実例

先ほどの絵をもとに
↓ラフを作り込みました↓

グラフィックデザイナー絵が下手

画像はダミーのものを使用し、
モデル背景もイメージのために
色を変更しています。

クライアントに提示する際は
カラーで仕上がりイメージを
伝えることが多くなります。

手順としては、このラフもとに
①クライアント、フォトグラファー、
 スタイリスト、ヘアメイク、
 ライターと打ち合わせ
②モデルや商品の撮影
③撮影した画像をセレクト
④画像、コピーの貼り込み
⑤仕上がりの確認
⑥完成
となります。

クライアントが求めているものを
理解し解決することが
デザイナーとしての役割です。

絵が下手でも、
クライアントのイメージを形にし、
訴求点のすり合わせをすることが
できれば、デザイナーとして
やっていくことができます。

グラフィックデザイナーと
イラストレーター

「デザイナーは絵が上手い」
と思われがちです。

その理由は
イラストレーターと混同されて
いるからかもしれません。

イラストレーターは
「イラストを専門に描くこと」が
主な業務内容です。

絵が必要な場合は?

グラフィックデザイナーが
デザインの中でイラストを使う場合は、
以下のようにします。

・イラストレーターに発注する
・有料素材を使用する
・フリー素材を使用する

もちろん、
自分でイラストを手掛ける
デザイナーもいます。

無料イラストなら【イラストAC】
登録するのがおすすめです。
1日1個の無料ダウンロードで、
使いやすいイラスト素材を
集めておくことができます。

※フリー素材の著作権に関しては
しっかりと把握して使用しましょう

グラフィックデザイナーは
絵が下手でも大丈夫

グラフィックデザイナーは
絵がうまくても下手でも、
以下の能力を身に付けていく
ことができれば、
十分に活動していくことができます。

  • 本質を見抜く力
  • 企画への理解
  • 意図することを伝える力
  • デザインの知識
  • フォントの知識
  • スケジュール管理
  • プレゼン力
  • 社会人としての信頼
  • グラフィックアプリのスキル

これらの能力は、
仕事をしたり、勉強して
身に付けていくことができます。

デザインを始める環境を
早く安く作りたい方は
こちらの記事も参考にどうぞ。

グラフィックデザイナー安くはじめる
MacBook を安く買いたい!
6万円台ではじめる
グラフィックデザイナーへの道
動画編集にも!
MacBook Pro を買うって決めたのに高すぎる・・・ お金を貯めてからじゃ先になっちゃう・・・ 家計にひび...

絵が下手なら練習しよう

絵が下手だと思ったら、
少しでも練習するのは
良いことですね。

実際、
クライアントとの打ち合わせの際、
相手の要望を「ささっと描いて見せる」
ことができると得です。

練習用に本を利用するのは
スキルアップの一つとして
おすすめです。

まとめ

グラフィックデザイナーは
絵が下手でも問題がない
というお話でした。

絵が下手で、
デザイナーになれるか不安な人も
諦めずにグラフィックデザインの
世界に飛び込んでみてください!