つくる。

「フォントのマメ知識」初心者がデザインするとき、フォントはどうやって選ぶ?

デザインフォントの選び方

こんにちはこんばんはスタです。

チラシやポスターを作るときにはさまざまフォントを使います。
でもフォントってたくさんあって、どのフォントを使ってい良いのか難しいですよね。

 

初心者がデザインするとき、フォントはどうやって選ぶ?

さて、正しいフォントの選び方、それはずばり、「らしい」ものを選ぶ! です。

「らしい」というのは「イメージに合ったもの」

スタ
スタ
イメージと違うフォントを使うと違和感が発生するのです。

逆に言うと、違和感のないフォントを使うことで、それらしい、良いデザインをすることができるのです。

デザインの仕事をしていると、フォント選びは超重要で時間もかかります。
ただし、フォントの種類と名前を把握するようになってくると、こういう時はコレ!
というものができあがってきます。

パソコンの環境によって持っているフォントがいろいろ違うので、「具体的なフォント名」というよりはフォントの種類で解説していきたいと思います。

そこで、

スタ
スタ
プロのデザイナーはフォントをどうやって選ぶの?

これは紙系のデザインの話です。

ひとむかし前、印刷するためのデータを作るには「出力(プリント)できるフォント」必ず使っていました。
(印刷の現場では「出力できる」というのは、ソフトや環境の整備の面で、今でもシビアな問題です。)

レーザープリンターやイメージセッターから出力するには、パソコンから送ったデータをRIPで演算します。
そのRIP(Raster Image Processor)にフォントを積んでなければフォントは化けて出力されるのです。
(化けるというのは、斜体がかかったり、標準フォントに置き換わったりという「文字化け」)

しかし、最近は「pdf から出力できる」ようになったので、文字化けの心配がなくなっています!
pdfはフォント情報を埋め込むことができるのです。

なので、デザイナーはpdf にさえすれば、自分のパソコンで作った「思い通りのデザイン」を簡単に出力(プリント)することが可能になったのです。

(家庭用プリンターの場合は、パソコン側で印刷するデータを画像データに変換して、プリンタに送るシステムのため文字化けしません。)

ちなみに、
わたしたちグラフィックデザイナー、「ハイとスタ」のレギュラーの仕事の場合。

ページ物の仕事なので、最終的に印刷会社で面付けして出力してもらいます。
入稿後、印刷会社側で実画像に貼り変えたり、データ修正をするため、フォント環境を統一しなければなりません。

プロの場合、勝手にフォントを使うことは難しいです。。。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。
プロの紙系デザイナーの作業手順の話。

そんな昨今、「初心者がフォントを選ぶポイント」としては、

スタ
スタ
好きに選びましょう!

作ったものを印刷したいときはpdfで入稿できるため、フォントの制限がなくなりました。
pdf の作り方も各ネット印刷のホームページで詳しく説明されています。

スタ
スタ
ただし、商用利用の場合は注意してくださいね

イメージと合うのは「筆文字系」「明朝系」「ゴシック系」「手書き系」のどれか

フォントは、大きくわけて和文フォントと欧文フォントの2種類にわかれます。

和文フォントは、

デザインフォントの選び方

欧文フォントは、

デザインフォントの選び方

全ての分類の名前は覚える必要はないのですが、和文でも欧文でも、

①「筆文字系」なのか
②「明朝系」なのか
③「ゴシック系」なのか
④「手書き系」なのか

さえ分類できれば良いと思います。

 

「筆文字系」「明朝系」「ゴシック系」「手書き系」を知る

「①行書体」は習字みたいな文字。
欧文の「①筆記体」は昔みたいな文字。

これらはそれこそ、年賀状とか賞状とか、ベートーベンの手紙とかショパンの楽譜みたいな文字なのでわかりやすいです。
(デザイナーの実際としては、「①筆記体」はタイトルにからめてよく使用します)

こちらは行書体の一種、楷書体です。
A-OTF 楷書MCBK1  MCBK1
デザインフォントの選び方
よく見ますね。

これを太め明朝体にすると、パンチがない感じです。また、明朝体は背景に対しての白抜き文字に適していません。
A-OTF リュウミン B-KL
デザインフォントの選び方

こちらも楷書体。
A-OTF 楷書MCBK1 MCBK1
デザインフォントの選び方

これだと少しイメージに合いません。
A-OTF 新ゴ M
デザインフォントの選び方

こちらは行書体でも、江戸文字と言われる江戸時代に考案された書体です。
A-OTF 勘亭流 Std Ultra
デザインフォントの選び方

なじみのあるフォントじゃないと残念な感じです。
A-OTF 新ゴ M
デザインフォントの選び方

こちらは絶対太めゴシック体。
A-OTF ゴシックMB101 B
デザインフォントの選び方

悪くはないのですが、明朝体にすると送料無料感が弱くなります。
A-OTF リュウミン EB-KL
デザインフォントの選び方

遠くからも目立つフォントです。
A-OTF ゴシックMB101 B
デザインフォントの選び方

これでは目立ちません。
A-OTF リュウミン EB-KL
デザインフォントの選び方

細め明朝体でキレイに。
A-OTF リュウミン M-KL
デザインフォントの選び方

キレイ感・ステキ感、ゼロ。
A-OTF 新ゴ B
デザインフォントの選び方

明朝体ですが、柔らかめの書体です。
はんなり明朝

デザインフォントの選び方

これでは堅いですね。
A-OTF リュウミン Pro
デザインフォントの選び方

太めゴシックですね。男らしいです。
Arial Black Regular
デザインフォントの選び方

若干男らしさが・・・
Times Roman
デザインフォントの選び方

手書き文字。子どもの手紙みたいです。
こども丸ゴシック細め
デザインフォントの選び方

これはこれでいいですね。読みやすい書体です。
ヒラギノ角ゴ W6
デザインフォントの選び方

手書き文字。ポイントとして使います。
しねきゃぷしょん
デザインフォントの選び方
ミウラAI
デザインフォントの選び方
A-OTF はるひ学園 Std L
デザインフォントの選び方

一応、手書き風文字。親子感出ます。楽しそうです^^
A-OTF タカハンド Std H
デザインフォントの選び方

こういうフォント選びはあまりしません。堅いですね。
A-OTF リュウミン Pro U-KL
デザインフォントの選び方

ゴシック体。元気な書体。
KFひま字
デザインフォントの選び方

明朝系ではカタイカタイ。
A-OTF リュウミン B-KL
デザインフォントの選び方

 

このように比べてみると、違和感のないフォントを使うことで、イメージがわきやすくわかりやすいデザインへと導くことができます。
タイトル見出しなど目立つところはイメージに合ったフォントを選ぶのがデザインの鉄則です。

スタ
スタ
フォント選びに悩んだら、その作りたいものについてイメージを固めてみてください。

キーワードで画像検索をするのもオススメです。
それらしいチラシやポスターなどがヒットしたら、参考にすることができるからです。
そのイメージに合わせてフォントの種類をしぼり、その中から好みのものを使う。

それらしいデザインになるフォント選びを心がけましょう!

 

さて、タイトルではなく「本文」のフォント選びというのはイメージプラス視認性ということが重要になってきますので、こちらの記事をどうぞ。

スタ
スタ
「フォントのマメ知識」本文に使うフォントはどうやって選ぶ? 使い方は?

そして、欧文フォントに関してもイメージを解説します。英数字ですね。

英数字は和文フォントでも表示できます。
でもプロのデザイナーはわざわざというか、当たり前のように欧文フォントを使います
欧文フォントの方が綺麗だからですね。

本文中に英数字が出てくれば同じフォントで流すのですが、基本的には欧文フォントと和文フォントは分けて使用することが多いです。

「SALE」はゴシック系が合いますね。
Helveticaをよく使います。Helveticaはウェイト(太さ)の種類が多く使いやすいフォントです。
ウィンドウズではArialですね。
「全品」のみ和文フォント。
欧文フォントにウェイト(太さ)の合う和文フォントを組み合わせます。
Helvetica Bold と A-OTF 新ゴ B

デザインフォントの選び方

デザイナーがよく使うゴシック系のフォントはこんな感じです。

Avenir(アベニール)
Avant Garde Gothic(アヴァンギャルドゴシック)
Century Gothic(センチュリーゴシック)
Franklin Gothic(フランクリンゴシック)
Frutiger(フルティガー)
Futura
 (フーツラ)

Gill sans(ギルサンズ)
Myriad(ミリアド)
Optima(オプティマ)
Univers
(ユニバース)など。

 

モーツァルトと書くなら明朝系。上品です。
デザインフォントの選び方

デザイナーがよく使う明朝系のフォントはこちら。

Bodoni (ボドニ)
Didot(ディド)
Garamond(ギャラモン)
Palatino(パラティノ)
Times New Roman(タイムズニューローマン)
Trajan(トレイジャン)

 

さて、筆記体です。

デザイナーにとって、使う機会がなさそうに見えて実は飾りとしてよく登場します。
タイトルに絡めたり、写真にのせたり。背景の間を埋めたり。

こちらは Chopin Script(ショパンスクリプト) というスクリプト体(筆記体)です。
デザインフォントの選び方

 

ツァッフィーノ。見事なスクリプト体(筆記体)です。
デザインフォントの選び方

その他にデザイナーがよく使う筆記体はこちらです。

Edwardian Script
Künstler Script
Palace Script
Shelley
Snell Roundhand

 

ブランドロゴのフォントを知る

ちなみにロゴタイプのみのシンプルなブランドロゴ。

ほとんどが特別なフォントを使っているわけではありませんが、文字間にこだわり、ところどころロゴとして大きさや形を調整し、ブランドを象徴するものになっています。

ルイ・ヴィトン / サンセリフ体のフーツラ (Futura)です。

ブランドロゴ

シャネル / サンセリフ体(ローマン体)の大御所、Helvetica
ブランドロゴ

ディオール / Nicolas Cochin
ブランドロゴ

ドルチェ&ガッバーナ / Futura
ブランドロゴ

フェンディ / Helvetica
ブランドロゴ

グッチ / Optima
ブランドロゴ

ジョルジオアルマーニ / Italian Didot
ブランドロゴ

エルメス / Geometric
ブランドロゴ

ポロラルフローレン / ITC Fenice
ブランドロゴ

アップルiphone / Myriad
ブランドロゴ

supreme / futura
ブランドロゴ

DEAN & DELUCA / Copperplate Gothic
ブランドロゴ

トヨタ自動車 / Helvetica
ブランドロゴ

adidas / Avant Garde Gothic
ブランドロゴ

NIKE / futura
ブランドロゴ

 

こんな感じです。フォントはイメージが大事ですね。

スタ
スタ
フォントは奥が深いので、少しづつ理解を深めましょう〜〜