5.オープンシー

【NFTビギナーズ】簡単ステップ5:NFTマーケット「オープンシー(OpenSea)」の登録とメタマスク 接続

オープンシーでアカウントを作る

オープンシー(OpenSea)とは、
NFTのオンラインマーケットです。

オープンシーでは、
NFTの「発行、管理、購入、
オークション出品」ができます。

こちらの記事では
オープンシーのアカウント作成方法を
ご紹介します。

ハイ

誰でもアカウントを
作れるの?

誰でもアカウントを作れますが、
メタマスク(MetaMask)の接続が
必要です。

まだメタマスクのウォレットがない方は
こちらの記事を参考に、作成しましょう。

メタマスク(MetaMask)をChromeにインストールしてウォレットを作成する方法

①オープンシー(OpenSea)の
 公式サイトを開く

オープンシーの公式ページを開きましょう。
このときニセ物のページに
アクセスしないよう注意が必要です。

正しいURLはコチラです↓↓↓

https://opensea.io/

↓ ↓ ↓

サイトが開いたら右上の
人形アイコンをクリックします。

↓ ↓ ↓

②メタマスク(MetaMask)と
 接続する

「Connect your wallet.」
【訳】ウォレットを接続してください。
と出ます。

「MetaMask」をクリック

↓ ↓ ↓

パスワードを入力して
「ロック解除」をクリック

↓ ↓ ↓

接続先が
「https://opensea.io」
になっていることを確認し、
「次へ」をクリック

↓ ↓ ↓

「接続」をクリック

↓ ↓ ↓

③アカウントの基本情報を
 入力する

プロフィールページが開きます。
はじめは「Unnamed」
【訳】ななしさん となっています。

↓ ↓ ↓

画面右のほうにある3点マーク
「・・・」をクリックして
「Settings」を選択

↓ ↓ ↓

メタマスクを利用していると
このような画面がたびたび現れます。

ハイ

英語のメッセージねー

はじめは面倒でも翻訳機能で
意味を把握しておきましょう。

↓ ↓ ↓

「署名」をクリック

↓ ↓ ↓

必要な情報を入力しましょう。

↓ ↓ ↓

ツイッターを接続したい場合は
いったん「Save」してから行いましょう

ハイ

入力した内容が
消えちゃうわよ

↓ ↓ ↓

ウォレットアドレスはメタマスクを
接続すると自動で入力されます。

↓ ↓ ↓

入力し終わったら「Save」しましょう

↓ ↓ ↓

④オープンシー(OpenSea)からの
 メールを確認しよう

【訳】(メール)をチェックして、
新しいメールアドレスを確認してください。

と表示されます。

↓ ↓ ↓

オープンシー からのメールを開き
「VERIFY MY EMAIL」をクリックします

ちなみに「翻訳」です。

↓ ↓ ↓

これでオープンシーに
アカウントができました。

↓ ↓ ↓

日本語表示にするとこのようになります。

まとめ
次のステップは
好きなNFTを買う!

オープンシーにアカウントを作るには
メタマスクの接続が必須です。

メタマスクに入金を済ませたら、
いよいよNFTの売買を
はじめることができます。

初めてのNFTはCNP
話題のNFTの買い方。初心者は入手困難?難しいNFTを買ってみたので購入の流れを解説します 【クリプトニンジャ パートナーズ】 ハイ 忍者のおばけ?かわいいわね。 ほしこのCNP NFTのCNPだよ ハイ NFTのCNP?何それ? CNP...