セキュリティ対策

【NFTルーキーズ】ハッキング対策:メタマスク(MetaMask)で複数ウォレット作成

メタマスク複数ウォレット

ハッキングでNFTを
盗まれたくないわ

NFTの市場が拡大する中、
メタマスクというデジタルウォレットの
ハッキング被害が増えています。

この記事では、ハッキング対策として
複数のメタマスクを運用する方法
ご紹介します。

ウォレット間の移動にはガス代が
発生しますが、必要経費だと思って
メタマスクの切り替えに
慣れていきましょう。

また、オープンシーでは購入と同時に別の
ウォレットに直接送る(トランスファー)
ことができます。
この方法ならガス代がかかるのが1度だけ
なので、節約できますよ。

それでは新しいメタマスクを作りましょう。

手順は2つ

①Google Chromeでプロファイルを追加
②メタマスクをインストール

「いつかやろう」はバカやろう。
と言うように、ちょっとの手間とガス代で
大きな損失を防ぐことができます。

さっそく2つ目のウォレットを
作成して、リスクを分散しましょう。

プロファイルとは?

プロファイルって
なんなの?

プロファイルとは、
「プロフィール」や「ユーザー」とも
呼ばれます。

「パソコンのブックマークを、
スマホでも見られる」というように
プロファイルをグーグルアカウントに
紐付けると違うデバイスでも同期し、
とても便利です。

今回は2つ目のプロファイルを作り、
そこに2つ目のメタマスク
インストールするという方法をご紹介。

普段使わない方のプロファイルに
大事なNFTを入れておくという
基本のハッキング対策です。

プロファイルは簡単に
切り替えることができます。

質問です!

いつも使ってる方に
SBTが入ってます。
SBTは新しい方に
移動できません。。
その場合どーすれば?

SBTとはソウルバウンドトークンという
NFTのこと。売ったり買ったり、
移動したりできないという
証明書的に使われるNFTです。

すでに大事なNFTが入っている場合、
それを保管用にしたい人
いるはずですね。

2つ目のメタマスクを作った上で
こちらの記事をお読みください。

複数メタマスクでハッキング対策
メタマスクを複数作る【実用編】大事なメタマスクを別のプロファイルに移動する この記事では大事なNFTの入っているメタマスクを「保管用」にする方法をご紹介します! NFTをはじめるとイヤでも聞こえて...
注意

ご紹介するのは、一つのウォレットの中に
アカウントを作成するのではなく、
別のウォレットを新しく作る方法です

メタマスク のマイアカウントにある
「+ アカウント」を作成は使用しません。

①Google Chromeで
プロファイルを追加

グーグルクロームの右上にある
アイコンをクリックして、
「+ 追加」を選択

↓ ↓ ↓

新しく作るので
「アカウントなしで続行」をクリック

↓ ↓ ↓

上から
①アバターを選ぶ
②わかりやすい名前を入力
③テーマカラーを選択

「完了」をクリック

↓ ↓ ↓

②メタマスクをインストール

新しく作ったプロファイルに
メタマスクをインストールします。
https://metamask.io

↓ ↓ ↓

メタマスクの設定は
サイトに従って進めましょう。

インストールの流れ
  1. ダウンロード
  2. インストール
  3. 拡張機能を追加
  4. 新規ウォレットを作成
  5. パスワードを設定
  6. シークレットフレーズの保管
  7. シークレットフレーズの確認
  8. 完了

メタマスクの設定を
画像付きの説明を見ながら
一緒に進めたい方はコチラ↓

メタマスクをクロームにインストール
【NFTビギナーズ】簡単ステップ3:メタマスク (MetaMask)をChromeにインストールしてウォレットを作成する方法 メタマスク(MetaMask)とは、イーサやNFTを入れる財布のようなものです。 この記事ではメタマスク作り方をわかりやすく解説...
フレーズの管理

シークレットリカバリーフレーズの管理は
メタマスクも推奨している
1Password(ワンパスワード)
おすすめです。(月額310円ほど)

複数ウォレットの運用

万が一ハッキングされた場合、
複数のウォレットに資産をいれていれば、
被害を最小にくいとめることができます。

それでは実際の2つのメタマスクの
運用方法をみてみましょう。

2つのウォレットで
運用する場合

1.普段用メタマスク

普段使うブラウザ(プロファイル)に
普段用メタマスクを入れる。
資金は都度入金する。
買ったNFTは保管用に送る

オープンシーなら、買うと同時に
保管用ウォレットにトランスファーすると
ガス代が一回で済む。

2.保管用メタマスク

保管用ブラウザ(プロファイル)に
保管用メタマスクを入れる。
大切なNFTを保管
信頼できるサイトにだけつなげる。

用途に合わせてウォレットを
使い分けることは、
ハッキング対策としてとても効果的です。

もうすでに大事なNFTが入っている
特定のウォレットを保管用にしたい場合は
こちらの記事をお読みください。

普段使っていたメタマスクを
保管用にする方法です。

複数メタマスクでハッキング対策
メタマスクを複数作る【実用編】大事なメタマスクを別のプロファイルに移動する この記事では大事なNFTの入っているメタマスクを「保管用」にする方法をご紹介します! NFTをはじめるとイヤでも聞こえて...

まとめ

ハッキング被害は後を立ちません。
複数のメタマスクを利用することは、
リスク分散の大事な一歩です。

メタマスクを使用するうえでは、
以下をしっかり守っていきましょう。

基本的な心構え
  • シークレットフレーズは
    絶対に誰にも教えない
  • 秘密鍵は絶対に教えない
  • ダイレクトメールは全て詐欺
  • メタマスクでガス代がかかる処理は
    何が書かれているか
    英文をしっかり読む
  • 自分のウォレットに送られてくる
    覚えのないNFTにはさわらない

それでも何か不安がある場合、
即座にできるメタマスクの対策

セキュリティ強化
  • 不要なサイトの接続を解除する
    (リボーク)
  • 別のウォレットに中身を移動する

少しでも防御力を高めて
大切な資産を守りましょう。