3.ウォレット作成

メタマスクを複数作る【実用編】大事なメタマスクを別のプロファイルに移動する

複数メタマスクでハッキング対策

この記事では
大事なNFTの入っているメタマスクを
保管用」にする方法をご紹介します!

NFTをはじめると
イヤでも聞こえてくるのが
ハッキングや詐欺被害。

被害にあわないために推奨されて
いるのが「メタマスクを複数作る
という方法。

これは、
普段つなげるメタマスクには
大事なものを入れておかない。

という方法です。

新しくメタマスクを
作りました。でも、
今までの方に
SBTが入ってます。
その場合どーすれば?

という方のために、
新しく作ったメタマスク」と
大事なNFTが入ったメタマスク」を
入れ替える方法をご紹介します。

●危険にさらされる最前線のメタマスク
●安全なサイトにだけつなぐメタマスク

2つを使い分けて、資産を守りましょう!

複数メタマスクでハッキング対策

ここで、
メタマスクに関する用語のおさらいです。

複数メタマスクでハッキング対策

/合わせて読みたい
自分のメタマスクがハッキングや詐欺被害
に合わないか「危険度チェック!」

[jin-fusen1-even text="↓↓↓今すぐチェック↓↓↓"]

ところで、
メタマスクにお金を送るときの「手数料
いくらかかるか気にしていますか?

メタマスクに送る手数料は
取引所によっては
1回あたり400円〜800円。

送金手数料が無料になるGMOコインなら
メタマスクに大金を入れるのが不安でも、
「使う分だけ送金」しかも「手数料なし」
なので安心。

ぜひチェックしてみてください!

GMOコイン

①新しくメタマスクを
 作ったけど
 古い方を保管用にしたい

「ウォレットを分けましょう」
と言われて新しく
作ったけど・・・

新しく作った方より、
今までのほうを保管用にしたいと思って
いる方も多いのではないでしょうか。

それでは、
「新しく作ったメタマスク」を普段用
「今まで使っていたメタマスク」を保管用
にするにはどうしたら良いでしょうか。

答えは簡単。
メタマスクを入れ替えれば良いのです。

ここで注意したいのが、今まで使っていた
メタマスクは「安全ですか?」ということ。

/合わせて読みたい
自分のメタマスクがハッキングや詐欺被害
に合わないか「危険度チェック!」

安全なはず!」という方は、早速、
2つのメタマスクを入れ替えましょう!

この後、2つのメタマスクの
「パスワード」
「シークレットリカバリーフレーズ」
(「秘密鍵」)

を使って入れ替える作業を行います。

「パスワード」と
「シークレットリカバリーフレーズ」
「秘密鍵」

を控えていますか?↓↓↓

パスワードがあれば
表示させることができます。

PCでシークレットリカバリーフレーズ
確認する手順は、画像の通りです。

秘密鍵を確認する手順は、
画像の通りです。

DYOR

Web3の世界はDo Your Own Research.
ですね。パスワードや
シークレットリカバリーフレーズ、秘密鍵
の管理には特に気をつけましょう!

まだ2つ目のメタマスクを作ってない方は
こちらの記事へどうぞ。
メタマスクで複数ウォレット作成

まだ1つ目のメタマスクを作ってない方は
こちらの記事へどうぞ。
メタマスクウォレットを作成する方法

②2つのプロファイルに
 メタマスクを入れ直す

入れ直す。。。
不安です。。。

それでは、メタマスクを入れ替える作業を
行いましょう。

メタマスク自体はイーサリアムの
ブロックチェーンに残っています

なので、ウォレットを消すわけではなく、
クロームの拡張機能を削除して
入れ直します。

不安な人は、まず、新しく作った
メタマスクから試してみてください!

パソコンでメタマスクを
削除する

1.新しく作ったメタマスクの入っている
 ブラウザ(プロファイル)を開く
2.拡張機能のパズルアイコンをクリック
3.MetaMaskの横の3点マークをクリック
4.Cromeから削除… をクリック

↓ ↓  ↓

5.削除をクリック

↓ ↓  ↓

メタマスクが寂しがります。

別のデバイスで MetaMask を
使用しています。にチェックをして送信。

↓ ↓  ↓

引き続きアクセスできるので、安心です。

↓ ↓  ↓

スマホの場合
アプリをアンインストール

1.メタマスクのアプリを長押し
2.Appを削除

Appを削除をタップ

削除をタップ

↓ ↓  ↓

③保管用のメタマスクを決める
 (保管用プロファイルに入れる)

パソコンの場合

それでは次に、保管用プロファイルに
メタマスクを新たにインストールします。

クロームの右上にあるアイコンをクリック
してプロファイルを切り替えます。

プロファイルの名前に「保管用」
つけておくとわかりやすくなります。

↓ ↓  ↓

メタマスク の公式ページへアクセス

https://metamask.io

↓ ↓  ↓

ダウンロードをクリック

↓ ↓  ↓

Chromeに追加をクリック

↓ ↓  ↓

拡張機能を追加します。

↓ ↓  ↓

開始をクリック

↓ ↓  ↓

同意するをクリック

↓ ↓  ↓

左のウォレットをインポートをクリック

↓ ↓  ↓

ここで、保管用にしたいメタマスクの
シークレットリカバリーフレーズを
入力
します。

英単語の数が人によって違います。
12、15、18、21、24個から選択すると
入力の枠が変わります。

パスワードは新しくしてもかまいませんが、
使用中のものを継続することもできます。

↓ ↓  ↓

ポイント

ハッカーは
シークレットリカバリーフレーズ
知ってしまえば、パスワードがなくても
ウォレットを復元し、
中身を盗んでしまいます。

シークレットリカバリーフレーズ
を使うのは、自分で入れ替えたり
パソコンを買い替えるときなど
特別な場合だけですね!

↓ ↓  ↓

これで、
大事なものが入ったメタマスク
保管用プロファイルに入れることが
できました。

アカウントに資産が入っているか
確認してください!

また、オープンシーでも、
自分のプロフィールページを
開いてみてください。

↓ ↓  ↓

https://opensea.io/

↓ ↓  ↓

人形アイコンのプリフィールをクリック

↓ ↓  ↓

MetaMaskを選択

↓ ↓  ↓

自分のウォレットであることを
確認して次へをクリックします。

↓ ↓  ↓

無事、大事な方のウォレットが
表示されているでしょうか。

このプロファイルでは、普段、
ネットを使わないようにすると防御力が
あがります。

④普段使いのメタマスクを
 入れる【パソコン編】

それでは普段使いのメタマスクを
インストールします。

今の状態では、
どちらのプロファイルにも
同じメタマスク(古い方)が接続されて
いるはずです。

メタマスクが入っていれば
同じウォレットに接続できる!
ということですね!

メタマスクはブラウザの拡張機能です。
ブラウザではプロファイルごとに、
拡張機能をインストールすることが
できます。

メタマスクの
「インポート」という機能を使うと
ウォレットに接続することができます。

●シークレットリカバリーフレーズで
 インポート
→ウォレットを復元できる

●秘密鍵でインポート
→個別のアカウントを使用できる

ポイント

このように
シークレットリカバリーフレーズ
秘密鍵があれば、
別のパソコンからも、
WindowsでもMacでも、ネカフェでも
誰かのメタマスクにアクセスすることが
できてしまいます。

パソコンでメタマスクを
削除する

それでは先ほどと同じように作業します。

1.普段使っているメタマスクの入っている
 ブラウザ(プロファイル)を開く
2.拡張機能のパズルアイコンをクリック
3.MetaMaskの横の3点マークをクリック
4.Cromeから削除… をクリック

メタマスクを削除します。

↓ ↓ ↓

普段使いプロファイルに
メタマスクを新たにインストールします。

https://metamask.io

先ほどと同じように手順を進めます

左のウォレットをインポートをクリック

↓ ↓ ↓

ここで、普段使いするメタマスクの
シークレットリカバリーフレーズを
入力します。

パスワードは新しくしてもかまいませんが、
使用中のものを継続することもできます。

↓ ↓ ↓

インストールできました!

これで、
最前線の危険にさらされるメタマスクには
大事なものが入っていない状態です。

⑤普段使いのメタマスクを
 入れる【スマホ編】

スマホの場合は、メタマスクアプリは
1つしかいれることができません。

まず、普段使いのウォレットを復元して、
保管用ウォレットはインポートして、
使用します。

それではまず、メタマスクアプリを
インストールします。

https://metamask.io/download/

↓ ↓ ↓

インストールをクリックします。

一度ダウンロードしたことがあると、
アプリストアに連携しない場合が
あります。

その場合は、アプリストアで
購入済みアプリを表示しましょう。

偽物をダウンロードしないように
注意してください。

iOSの場合は一度ダウンロードした
アプリには、クラウドマークが
ついています。

↓ ↓ ↓

アプリを起動して、開始をタップします。

↓ ↓ ↓

秘密のリカバリーフレーズを使用して
インポートします。
をタップします。

↓ ↓ ↓

同意します

↓ ↓ ↓

iOSの場合、Touch IDを使用すると
ロック解除が便利になります。

↓ ↓ ↓

普段使いする方
「秘密のリカバリーフレーズ」と
「パスワード」を入力します。

↓ ↓ ↓

普段使いウォレットがインポートされました。

↓ ↓ ↓

NFTの検出をオンにしておきます。

↓ ↓ ↓

OpenSea APIを有効にする
NFTを自動検出
を両方オンにします。

↓ ↓ ↓

名前を長押しすると、好きな名前に変更できます。

↓ ↓ ↓

⑥保管用メタマスクを入れる
【スマホ編】

アカウントアイコンをタップします。

↓ ↓ ↓

アカウントをインポートをタップします

↓ ↓ ↓

秘密鍵を入力します。

↓ ↓ ↓

インポートされました

↓ ↓ ↓

名前を長押しして、保管用とします。

↓ ↓ ↓

インポートしたアカウントには「インポート…」
と右側に表示がつきます。

ポイント

普段は常に「普段使い」が選択されている
状態にしておきましょう。

まとめ

矢面に立つメタマスク には
何も入っていません!

複数のメタマスクを用意することは、
有効なハッキング対策です。

気をつけていても
うっかりリンクを踏んだり、
すっかり騙されてしまうことは
誰にでも起きうることです。

普段使いのメタマスクと
保管用メタマスクを切り替えて
運用するくせをつけましょう!