くふう。

生理の期間は生涯で6年間。 では、生理用品を購入する生涯平均価格は一体いくらに! 月経カップを使うとコスト激減!!!

生理の期間は生涯で6年間にも及びます!
月のものと呼ばれる生理ですが、生涯で計算すると6年間!
その間にかかる費用を「月経カップ」を使うことで激減させることができるんです!

 

生理用品は年間いくらかかるのか

ananニュースさんの調べによると


アンケートによると、1回の生理でのナプキン使用枚数は平均20枚。多い日に替える枚数は平均3.8枚という結果に。
65%の人が10~23枚で、平均は20枚。ナプキンは通常1パック20枚以上入りで、昼用・夜用を使い分けることを考えると、1回の生理で1パック使い切る人は少ないかも。

【出典:ananニュース】

1回の生理で使用するナプキンは平均20枚 

1回の生理で1パック(20枚以上入り)のナプキンを使うとします。
生理が1ヶ月に1回くるとすると、年間で12パック。
ナプキン1パック(20枚以上入り)はドラッグストアやコンビニで手に入り、
300円〜400円ほど。
350円で計算するとして、

ナプキン価格は年間で

12パックx350円=4,200円

 

生理の期間は生涯で6年間。準備から挿入まで、月経カップの使い方! 月経カップとは生理カップとも呼ばれ、タンポンのように膣内に挿入して、経血をためて使用します。 医療用のシリコン...

 

では、生涯で生理用品にいくらかかるのか

ナプキン派の場合
ユニチャームさんの「ソフィ はじめてからだナビ」によると、
初潮を迎える平均は10歳から13歳のあいだ。
また、日本人の平均閉経の時期は50歳。
生理のある期間は平均37〜40年。
このうち1回の妊娠で生理のない期間は妊娠から断乳するまでの2年ほど。

ということで、生理期間を長くて38年で計算すると、

ナプキン価格は生涯で

4,200円x38年=159,600円

 

タンポン派の場合
フィンガータイプのエルディ60コ入りで1,600円
(ナプキンと同じ間隔で使用する計算で)
1回の生理で20コ使うとして
12回の生理で240コ
エルディ60コ入りが4パック。
1,600円x4パック=6,400円
生理期間を長くて38年で計算すると、

タンポン価格は生涯で

6,400円x38年=243,200円

 

スタ
スタ
タンポンの方がだいぶ割高

 

 

月経カップを使ってコスト激減!

生理用品は一度にまとめ買いするというよりは、ちょこちょこ買い足していくという煩わしさがあります。

月経カップは洗って繰り返し使うことができ、寿命も10年ほど。

エコでもあり、節約でき、煩わしさを解消することができます。

オススメ 1位

 

オススメ 2位
月経カップ メルーナ 取り出しやすいリング型・クラシック・Mサイズ・ホワイト無色
メルーナジャパン

 

オススメ 3位

 

オススメ 4位

 

オススメ 5位

 

 

月経カップの使用には慣れが必要です。

こちらの記事を参考にぜひチャレンジしてみてください。

 

生理の期間は生涯で6年間。月経カップはチャレンジ。慣れるのに時間がかかることがあります! 月経カップとは生理カップとも呼ばれ、タンポンのように膣内に挿入して、経血をためて使用します。 医療用のシリコン素材で作られてい...

 

生理の期間は生涯で6年間。準備から挿入まで、月経カップの使い方! 月経カップとは生理カップとも呼ばれ、タンポンのように膣内に挿入して、経血をためて使用します。 医療用のシリコン...