クラスター

【初心者向け】クラスターでオリジナルのアバターを使う方法【cluster】

ほしこ

オリジナルの
アバターどうやるの?

ほしこ

ダウンロードした
アバターを使いたい!

という方向けの記事です。

クラスターの始め方はこちら

【初心者向け】クラスターの遊び方 無料バーチャルSNS【cluster】アプリの始め方 ほしこ クラスターに慣れておいてねって バーチャル空間を体験してみたいけど、頭につけるVRがないとできないんでしょ? ...

クラスターのアバター

クラスターではデフォルトで
5つのアバターが用意されています。

ワールドやイベントには、
そのとき使用するアバターを
選んで入ることができます。

オリジナルのアバターを
使う方法は3つ

引用:cluster

クラスターでオリジナルの
アバターを使う方法は3つあります。

  1. アバターメーカーで作成
  2. アカウントアイコンの
    ロボアバター
  3. カスタムアバターを
    アップロード

①アバターメーカーで作成

クラスター内では、鏡の前にある
「アバターメーカー」で、
好みのアバターをつくることができます。

いつでも変更できますが、
上書きで保存されるため、
作れるのは、1体のみ。

アバターメーカーで作ったアバターは
地味になりがちです。。。

②アカウントアイコンの
ロボアバター

デフォルトのロボアバターを選んだ場合、
アカウントに使っているアイコンが
顔になります。

画像一枚でもオリジナル感を
だすことが可能です。

方法は簡単

クラスターのウェブサイトに行き、
ログインします。

※アプリからではなく、Webページから

↓ ↓ ↓

右上のプロフィールアイコンから
プロフィールをクリック

↓ ↓ ↓

編集 をクリック

↓ ↓ ↓

画像をアップロードします。

↓ ↓ ↓

完成!

これだけでも個性がでます。
まだ設定していない方は
試してみてください。

③カスタムアバターを
アップロード

クラスターでは
VRM形式のアバターを
利用することができます。

VRMとは、人型3Dアバター(3Dモデル)
のファイルフォーマット。

拡張子は「.vrm」

外部アプリなどで作ったアバターや、
ダウンロードした無料/有料アバターを
100体までアップロードできます。

アップロードの方法

無料配布や購入などで取得した
「VRMモデル」を
アップロードする方法です。

方法は簡単

クラスターのウェブサイトに行き、
ログインします。

※アプリからはアップロードできません

右上のアイコンから、アバターをクリック

↓ ↓ ↓

アバターをアップロード をクリック

↓ ↓ ↓

メールアドレスを認証してない人は
メールアドレスを入力して認証を行います。

↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓

アップロードしたいファイルを
選択して、追加します。

↓ ↓ ↓

追加したアバターを選択できるようになります。

アバター配布・販売サイト

VRM形式のアバターを
入手できる主なサイト。

VRoid Hub

気に入ったアバターを探して
他の人の利用 をチェック

↓ ↓ ↓

ログインして(アカウントを作成して)
ダウンロードします。

↓ ↓ ↓

利用条件に同意してダウンロードします。

↓ ↓ ↓

ダウンロードしたファイルを
クラスターにアップロード!

ニコニ立体

ドワンゴが提供する
3DCG投稿共有サービス。

BOOTH

クリエイターによる
創作の総合マーケット。

アバター制作ソフト

VRM形式のアバターを
作成できる主なサイト。

VRoid Studio

3Dキャラクター制作ソフトウェア

REALITY

スマートフォン1台で
簡単に3Dアバターの姿になって
配信ができるアプリ

まとめ

クラスターは無料で楽しめる
バーチャルSNS。

3Dアバターを自分で作るのは
ハードルが高い。。。
という人もお手軽に
バーチャル空間を楽しむことができます。

オリジナルアバターでVRを
体験してみてください!