つくる。

メニューデザイン(手書きのイメージからのデザイン)

ハイ
ハイ
こんにちは。ハイスタのハイです。

 

デザイン仕事の話し。
とある日の朝、義妹からLINE。
かるーーいノリで

いもうと
いもうと
新規オープンのお店でつかうメニュー表を作りたくて、手書きのイメージを送るので、パソコンで仕上げて欲しいです

と依頼が。

ハイ
ハイ
パ・パソコンで仕上げる・・・?? 笑

 

いい感じにして欲しいってことでした。

 

ハイ
ハイ
はーい^^/   ・・・できました!

 

 

ハイ
ハイ
ちょっと手間だけど、各項目をアイコンにするとやっぱりわかりやすい。

 

ぱっと見ですぐに伝わることが大事!

★余談★

宮さん
宮さん
大事なことは大抵めんどくさい

 

私がリスペクトする宮さん(宮崎駿)の言葉。

これを思い出すと

「うーーーんちょっとめんどうだな。。。

時間かかるし。。別にやらなくてもまとまるし。。」

と少し思っても、

「いや!やったほうがいい!」と思えます。

そしてやるとやっぱり「やってよかった」と思えます。

ありがとう、宮さん(笑)

★余談おわり★

 

ハイ
ハイ
お店のロゴを入れたいけどある?

 

と聞いて見たけど、どうやらない様子なので、ちょっと作ってみました。

整骨院なので、骨を連想させる形です。早速見せると気に入ってもらえました。

 

いもうと
いもうと
ロゴのところをA4でどーんってできますか?

 

ハイ
ハイ
A4でどーーん?

 

ハイ
ハイ
こういうこと?

ラインで送ると10分後に、、、

 

早っ!看板になってます。

そしてロゴは採用されたようです。
ぱっと見ちょっとさみしい感じがしたので、

ハイ
ハイ
下に文字を入れたほうがいいかな?

と思い、なんとなくそれっぽい文章を入れて

ラインで送ると5分後に、、、

 

いもうと
いもうと
即採用!

 

ハイ
ハイ
はっや笑

 

仕事早い〜。

メニュー表の背景のストライプが、たまたまお店の入口の壁紙とリンクしてました^^

 

仕事の早い(笑)コンビで、瞬殺仕事でした。

 

スタ
スタ
わたしもいたのよ〜〜

 

 

整骨院の方はメニューは出せないということで、
リラクゼーションの方のメニューだけ使うことになりそうです。

手書きのイメージがあって、それをわかりやすくまとめるような仕事、

ハイ
ハイ
大好きー。

 

 

 

スタ
スタ
さてさて、ハイスタのスタの方です。ハイさん、瞬殺仕事のお話。

 

今回は、

お客様の手書きイメージがあって、それをもとにプロのデザイナーがデザインするとどうなるか!

という日常のデザイン仕事の流れを紹介します。

まず依頼の詳細を整理する

  • サイズ
  • 色数  1Cか4Cか(モノクロかカラーか)
  • 印刷するのか、(プリンターで)プリントするのか
  • 紙の種類(普通紙から紙見本を見て決める印刷用紙)
  • どこで使うのか
  • 誰が使うのか
  • 誰に見せるのか

今回は、院内で使うメニューなので、部数が多い印刷ではなく、プリンターで出力してラミネートなり、折るなり、壁に貼るなりして使うのか。

といったところ。

サイズはA4!

イメージを汲み取る

整体、骨盤、バストアップ、ボディ・フット・アロマケア。
ターゲットは男性も女性もだけど、女性寄り。

 

ハイ
ハイ
よし。可愛くして大丈夫!

 

 

そして、

つくる。

わたしたちは、フリーランスのグラフィックデザイナー。
パソコンを並べ、日々、仕事をしたり、作りたいものをつくってます。
並んでおしゃべりしながら、作業します。

ハイ
ハイ
接骨院じゃなくて整骨院だって〜〜
スタ
スタ
接骨院と整骨院ってどう違うんだろ

 

すぐにググる。

 

スタ
スタ
下の整骨院(わたしたちがたまに行く)は、アロマって感じじゃないね〜〜

 

アロマがあるってことはオシャレ系。
なので、整骨院すぎないデザインに。

 

ハイ
ハイ
ジムと同じフロアだって〜〜

 

などと、会話をし、

整骨院 メニュー とかでさらにググって、調べます。

 

スタ
スタ
文字と金額だけじゃ見づらいね〜〜

 

ハイ
ハイ
じゃアイコン作って! シルエット系

 

 

スタ
スタ
おや???

 

 

ハイ
ハイ
うーーーんちょっとめんどうだな。。。
時間かかるし。。別にやらなくてもまとまるし。。

 

ってさっき。

 

そう。

 

スタ
スタ
アイコン作ったのはわたし・・・

 

スタ
スタ
ま、いっか

 

ハイさん。こんな感じにするようです。

 

ハイ
ハイ
キレイ目背景、ストライプ!

 

そして、

アイコンがあってキャッチ(見出し)があってリードがあって。
というカタマリが決まります。

 

 

お客様の手書きのイメージにはリードの部分はありません。
でもあったほうが、内容が伝わるし、説明の補助になる。
こういうもの(メニュー)にはあったほうが良いので勝手にいれちゃいます。

文字の大小、ボリューム、ツメ、行間、アイキャッチ(アイコンとタイトル)のバランスの取り方「プロの仕事」といったところでしょうか^^

リードの内容は、あとで詳細をもらうのでダミーの文章を繰り返し入れておきます。

グラフィックデザイナーとしての作業はもっぱらインデザイン(Adobe indesign)

 

スタ
スタ
さて、アイコン作り。

 

こういうのはイラストレーター(Adobe illustrater)が向いているのですが、インデザインでも十分。

修正したいときに、いちいちリンクデータを編集しなくて良いので、インデザインで作っちゃいます。

人、シルエット、イラストで画像検索。

イメージにあったイラストを元にアレンジします。そのまんま使うことはあまりありません。
フォトショップ(Adobe Photoshop)で作ったパスを持ってきたり〜〜

スタがアイコンを7個作ってる間に、ハイさんは、何やらロゴを作成中。

 

ロゴは大事

まず整骨院のイメージをロゴに絡めたい。

ググると、やっぱりホネ〜〜
あとはどんなホネの形か。

ハイさん、インデザインの鉛筆ツールを持ち、マウスでぐにゃっとしたラインを描いています。

ハイ
ハイ
よっ

 

ハイ
ハイ
ありゃ

 

ハイ
ハイ
しゅーっ

 

 

マウスはムヅカシイんです。曲線を描くの。

でもわたしたち、ペンタブレットを使うタイプではないので、なんでもマウスで描きます。
イイ感じでラインが描けたら、スムーズツールで滑らかにすればOK

そして名前、クラース整骨院。

 

ハイ
ハイ
クラース・・・?

 

最初にダミーで入れたclassではなさそう^ ^

 

ちゃんと調べて〜〜

 

書体選びも重要です!
優しさ、清潔感、読みやすさなどからイメージに合うフォントを使います。

 

ハイ
ハイ
ロゴ完成!
スタ
スタ
アイコンも完成!

 

さて、デザインするとき英語って結構大事。
入れると間が埋まったり、カッコよくなったり。

アイコンにもロゴにも入れてます。

 

さて組み合わせて〜〜

完成!

アレ? まだ接骨院のままだ (〜〜;)

瞬殺とはいえ手間をかけます! (><)

 

通常のデザイン仕事は、依頼を受けて打ち合わせして、完成したものを提出。
そしてお客様に見てもらって修正が入ります。

イメージが違う。

内容が違う。

写真が違う。

英語のスペルが違う。。。。

 

スタ
スタ
好きに作って喜ばれる仕事、大好き〜。