PTAボックス

Scene3
PTAが勝手に改革に向かう
シナリオ
PTAのIT化

PTA適正化
役員1

今までの「履歴カード」
でやってたことを
Googleフォームでできた!

役員2

集計はどうする?

役員3

集計も一斉ってことに・・・
なるわね?

そーなんです!
にやり。

ようやく役員の中にも
問題に気づいた人が
出てきたようです。

こんにちはこんばんは
PTAボックスです。
PTAで副会長をしています。

さて、
今まで学年ごとにしていた
「委員・役員決め」の希望調査を
Googleフォームで一斉に
行いました。

PTAが勝手に改革に向かう
シナリオ3です。

シナリオ1 新しいツール

シナリオ2 今までのやり方(一子一回ルール)

Googleフォームで
委員・役員選出をする

さて、今年度は、
PTAのIT化を
進めてきました。

メール配信で
PTA活動をお知らせしたり、
Googleフォームを
活用してイベントの募集を
行ったり。

そこで、
委員決めの準備をする際に、
「今までの紙ベース作業」を
辞めよう!

という話になったんです。

Googleフォームでやろうよ。
と。

それがどういうことか
他の役員は気付いていない様子。
にやり。

各学年で
Googleフォームの作成と
集計をする?

本来なら、学年ごとに
「履歴カード」方式から
Googleフォームへ移行するかを
決めて、それぞれに行えば
よかったのです。

それなら今まで通りです。
ちょっとデジタル化
するくらいです。

学年でバラバラにするのは
統一性にかけるしムダ?
だよね。

Googleフォームは
「詳しい人じゃないとできない」
と思われています。

そんなこともないのですが、
パソコンに慣れている方が
対応はしやすいです。

また、
Googleフォームを取り入れるなら、
誰かが1回作ってみて、
それを使おうよ。

みたいな空気になりました。

わたし、やってもいいですけど、
アレがはじまっちゃいますよ?

昨年度から、
PTAのIT化を進めてきたのは
わたし、PTAボックスです。

まず、
委員や役員が連絡を
とりやすいように
ラインワークスというアプリを
導入しました。

定期総会のリアル開催が
できないので、
Googleフォームを作り、
議決権の行使を
電磁的に行いました。

印刷の回数を減らし、
メール配信をしたり、
ホームページへ資料を掲載する
段取りを整備してきました。

PTAのIT化は
できる人まかせになってしまいます。

ですよねー。
委員決めのGoogleフォーム、
わたし、作りますね。。。

でも、
わたし、
薄々気づいてたことが
あるんです。。。

本当にいいですか?

実際はここまで念は押さず、
今後起きる変化を
ちょっと隠しながら、
しれっとウエーブを
起こしたのです。

PTA適正化の波、
そうウェーブです。

つづく

シナリオ1 新しいツール

シナリオ2 今までのやり方(一子一回ルール)